『雨を告げる漂流団地』の配信と劇場公開はいつ?ずとまよの主題歌&挿入歌やACAねのコメントも

全国の劇場での上映に加えてネットフリックス全世界独占配信となる映画『雨を告げる漂流団地』の、公開日やキャストの情報などが公開されました。

『雨を告げる漂流団地』は小学生の航祐と夏芽たちが取り壊しの決まった団地で不思議な現象に巻き込まれ、謎の海を漂流するさまを描く冒険ファンタジー作品。

主題歌と挿入歌を「ずっと真夜中でいいのに。」が担当することでも話題となっています。

目次

『雨を告げる漂流団地』の配信・劇場公開日&ストーリー

映画『雨を告げる漂流団地』はネットフリックスで2022年9月16日に配信予定。

全国の劇場でも同じ2022年9月16日に公開される予定となっています。

ストーリー

まるで姉弟のように育った幼なじみの航祐と夏芽。
小学6年生になった二人は、航祐の祖父・安次の他界をきっかけにギクシャクしはじめた。
夏休みのある日、航祐はクラスメイトとともに
取り壊しの進む「おばけ団地」に忍び込む。
その団地は、航祐と夏芽が育った思い出の家。
航祐はそこで思いがけず夏芽と遭遇し、謎の少年・のっぽの存在について聞かされる。
すると、突然不思議な現象に巻き込まれ――
気づくとそこは、あたり一面の大海原。
航祐たちを乗せ、団地は謎の海を漂流する。
はじめてのサバイバル生活。力を合わせる子どもたち。

泣いたりケンカしたり、仲直りしたり?
果たして元の世界へ戻れるのか?
ひと夏の別れの旅がはじまる―

スタジオコロリドの最新作

『雨を告げる漂流団地』は、アニメーションスタジオ・スタジオコロリドの最新作です。
監督は『ペンギン・ハイウェイ』の石田祐康。

2018年の『ペンギン・ハイウェイ』、2020年の『泣きたい私は猫をかぶる』に続く長編アニメーション映画の3作目となります。

さらにネットフリックスはスタジオコロリドと長編アニメーション映画3作品を共同製作することを発表。
今後『雨を告げる漂流団地』を含む3作品がネットフリックス向けに制作されるとのこと。

ネットフリックスが日本の長編アニメスタジオとスタジオ契約を結ぶのは、今回が初だそうです。

Netflixが日本の長編アニメスタジオとスタジオ契約を結ぶのは、今回が初。「泣きたい私は猫をかぶる」の成功を経て、Netflixとスタジオコロリドは、新たに長編映画3本の製作に向けチームを組みます。3本の新作映画のうち最初に公開される「雨を告げる漂流団地」は、9月16日よりNetflixで独占配信されます。続く2本目は柴山智隆氏が監督を務め、2024年にNetflixで配信開始予定です。

引用元:Netflix

直近では、海外で複数のアニメーション作品の制作が中止されたという噂もあっただけに、日本のアニメファンには嬉しいニュースではないでしょうか。

『雨を告げる漂流団地』の声優

『雨を告げる漂流団地』の主なキャストは以下の通り。

かなり豪華な声優陣となっており、今から映画の公開が楽しみです。

  • 熊谷航祐(CV. 田村睦心)
    「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」エルメェス、「ヨルムンガンド」ヨナなど

  • 兎内夏芽(CV. 瀬戸麻沙美)
    「呪術廻戦」釘崎野薔薇、「トロピカル〜ジュ!プリキュア」滝沢あすか(キュアフラミンゴ)など

  • のっぽ(CV. 村瀬歩)
    「ハイキュー!!」日向翔陽、「魔入りました!入間くん」鈴木入間など

  • 橘譲(CV. 山下大輝)
    「僕のヒーローアカデミア」緑谷出久、「弱虫ペダル」小野田坂道など

  • 小祝太志(CV. 小林由美子)
    「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけ(2代目)、「鬼灯の冷徹」シロなど

  • 羽馬令依菜(CV. 水瀬いのり)
    「Re:ゼロから始める異世界生活」レム、「ご注文はうさぎですか」チノなど

  • 安藤珠理(CV. 花澤香菜)
    「PSYCHO-PASS」常守朱、「五等分の花嫁」中野一花など

主題歌・挿入歌を「ずっと真夜中でいいのに。」が担当

『雨を告げる漂流団地』は、主題歌と挿入歌に「ずとまよ」こと「ずっと真夜中でいいのに。」を起用しています。

ずとまよがアニメの楽曲を手がけるのは今回が初となり、書き下ろしの新曲となるようです。


2022年5月現在、挿入歌の「夏枯れ」のみ発表されており、いまのところ主題歌は発表されていません。

ずとまよのACAねさんのTwitterによれば、現在は楽曲の仕上げ作業中だそう。
近日中に主題歌も発表されるのではないでしょうか。

Youtubeでは映画のトレーラーとは別に「夏枯れ」のPVも公開中。

https://twitter.com/zutomayo/status/1518847232576917504

映画へのACAねさんのコメント

映画のTwitter公式アカウントで公開されたACAねさんのコメントは以下の通り。

制作にあたり石田監督から物語としての想い / ヒントをいただき、すぐさまメモやら何やら広げながら取りかかると普段の自分とも繋がりました。季節が暮れるたび枯れるたびに想いを馳せてしまうような作品に浸りながら新たな夏の曲を作らせていただきました。(もともと団地の纏うもの懐かしさやたた住まいがとても好きで監督と盛り上がれて嬉しかった)主題歌と挿入歌として交わることができて感謝です。。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次