【2022年7月11日〜17日】映画・ドラマのNetflix週間人気ランキング(日本版)ドラマ版バイオハザードも人気

この記事では、Netflixで配信されている「映画」と「ドラマ」の2022年7月11日〜17日までの日本での人気ランキングを紹介します。

引用したランキングはNetflix公式ウェブサイト「Top 10 on Netflix」の国内ランキングです。

目次

【映画】Netflix週間人気ランキングTOP10

  1. 呪詛(台湾・ホラー)
  2. ジェイコブと海の怪物(米・アニメ)NEW
  3. カイジ~ファイナルゲーム~(邦画・ヒューマンサスペンス)NEW
  4. キングダム(邦画・歴史アクション) NEW
  5. ハニー(邦画・学園) NEW
  6. 哀愁しんでれら(邦画・サスペンス)
  7. SP 革命編(邦画・アクション)
  8. 崖っぷちの男(米・アクション) NEW
  9. 永遠の0(邦画・戦争)
  10. ミニオンズ(米・アニメ) NEW

1位は2週連続ランキング入り 台湾ホラーの「呪詛

7月11日〜17日のNetflix配信の映画ランキングで1位を獲得したのは先週から引き続き、台湾ホラーの呪詛

この作品は、2022年3月18日に台湾で公開され、台湾で最も高収入のホラー映画となった作品です

2022年7月8日にNetflixから国際配信を受けてから、日本の週間ランキングでは3位⇒1位と順位を伸ばしています。

基本的に主人公が持つカメラで撮られた心霊ドキュメンタリー方式で進められていくホラー映画でもあるせいか、映画評価サイトfilmarksでは★3.5と賛否両論がわかれている様子です。

映画評価サイトfilmarksでは★3.5と賛否両論がわかれている様子です。

「呪詛」あらすじ~
かつてある宗教施設で禁忌を破り、呪いを受けた母親(リー・ルオナン)が、6年後に自分の娘に同じ呪いがかかったと知り、我が子を守ろうとするストーリー

今週のランキングも入れ替わりが激しく、10作品中6作品がランキング初登場の作品たち。

その中でも注目作品は2位の「ジェイコブと海の怪物」

この作品はアメリカのアニメ映画で、アメリカのネットフリック映画ランキングでも1位を取っている注目作品です。

そして、邦画も大健闘しておりTOP10の6作品が邦画となっております。

特に、SP 革命編は4週連続TOP10入りしており、邦画としては根強い人気を見せています。

Netflix ドラマ週間ランキングTOP10

  1. 梨泰院クラス(韓国ドラマ)
  2. ウ・ヨンウ弁護士は天才肌(韓国ドラマ)
  3. 還魂(韓国ドラマ)
  4. バイオハザード(米ドラマ)NEW
  5. ストレンジャーシングス4(米ドラマ)
  6. 再婚ゲーム(韓国ドラマ)NEW
  7. マニフェスト(米ドラマ)
  8. SPYxFAMILY(日本アニメ)
  9. 愛の不時着(韓国ドラマ)
  10. オーマイベイビー(韓国ドラマ)

1位は51週連続ランキング入り中の「梨泰院クラス」

Netflixドラマランキング今週の1位は韓国ドラマの「梨泰院クラス」

「梨泰院クラス」は、51週連続Netflix国内週間ランキング入りしているロングヒットの韓国ドラマ作品。

「愛の不時着」とともに、8~10位の会ランキングをキープしている状態だったのですが、日本版リメイク「六本木クラス」の影響か、1位に急浮上。

「六本木クラス」は1話ずつの公開であるためか、ランキング入りしていませんが、続きを気になった人たちが待ちきれなくなって「梨泰院クラス」に流れる、もしくは見返しているといった現象が起きていそうです。

1位以外の注目作品は、やはり7月14日から公開された、ドラマ版「バイオハザード」

バイオハザードはゲーム出身のタイトルで、過去の映画版も大人気な作品。今回のネトフリドラマ版も、前評判良好で公開初週から4位と上々の成果。

来週には1位も射程圏内にありそうです。

~ドラマ版『バイオハザード』あらすじ~
ウィルスのまん延により、世界が終末を迎えて十数年。ジェイド・ウェスカーは凶暴な感染者をかわしながら、この大惨事を招いた責任者たちに鉄槌(てっつい)を下すと心に誓う。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次